MENU

 

グローバルメニュー

 

言葉責めによる調教プレイで女性をドM女に仕上げる方法①

『言葉責め』が女性の性欲を高める上でどれほど重要であるかは、様々な点から指摘することが出来る。

 

言葉責めによる調教でM女を濡らす方法

 

そして実際に『言葉責め』を自由自在に扱う者からすれば、その効果の程は明らかで、女性によってはダラダラと尻の方まで愛液を垂らすのも珍しくないのだ。

 

そして最も忘れてはならないのが、『言葉責め』がもたらす強い快感が麻薬的な効果を発揮する点で

「アナタ無くしては居られないの・・・」

 

「アナタ以外じゃ感じない・・・」

と、アナタに対して極度の依存状態に仕上げることも出来る。

 

その際の満足感は強烈で、それを性欲と一緒に満たすことは数ある快感の中でも最高のモノの内の一つ。また、こういった依存状態は、女性調教の成否を担う重要なポイントでもある。

 

もしアナタが変態的な性癖を持つ人であれば、まずは依存状態に仕上げた上で、変態的なプレーを仕込むことが肝要で、それ無くしてはイヤイヤ付き合ってもらえることはあっても、真の快感を相手から引き出すのは難しい。

 

このように『言葉責め』は基本的なテクニックでありながら、最も効果の高いテクニックでも有る事がわかる。

 

そしてテレエッチにもセックスにも応用が効くので、『言葉責め』のイロハを身につけることを強くオススメしたい。

 

というワケで今回は『言葉責め』について色々と解説していきたい。少し長くなるかもしれないが、しっかり把握していこう。

エッチな気分が性感帯の感度を左右していく!

言葉責めの効果を単純言うのであれば気分を盛り上げる為にある。

 

こう言ってしまえば、何やら大したこと無さそうなモノに感じるかもしれないが、テレエッチであっても、セックスであっても、重要なのは気分なのだ!

 

何故ならエッチな気分こそがカラダを感じやすくさせる為に重要な働きをしているからで、そしてエッチな気分にさせるにはいくつかの条件がある。

エッチな気分にさせるための条件とは??

まずはリラックスだ。

これが無いと始まらない。

 

そしてリラックス出来るかどうかは、その人の性格にもよってくるのが難しい所だ。

 

このリラックス状態を作るのに最も効果的なのは、セックスフレンドやテレエッチフレンドになることで、「何度かアナタと経験した」という事実が強くリラックスを生む。

 

では初めての相手の場合にはどうすれば良いか?

 

それはやはり

多少のアルコールに頼る

のが効果的だろう。

 

テレエッチに関して言えば、プレイ方法が電話を利用するという事でリラックスが非常にしやすい。

 

30代のテレエッチに慣れた女性とすると、反応が非常に良くてアソコからピチャピチャという音が聞こえることもあるが、それ程までに感じることが出来る要因の一つに、電話であるという安心感と慣れからくるリラックス状態が挙げられる。

褒める事で相手に自信をつけさせるのは大事!

そして褒める事が大事だ。

何でも良いのでとりあえず褒める!とにかく褒める!

 

初めてテレエッチする相手なら、

「可愛い声だね。」

と声を褒める他に

「〇〇さんって明るくて凄い話しやすいよね?よく言われない?」

などでも良いだろう。

 

相手が暗い人だったら??

「〇〇さんって凄い落ち着いてるよね~。凄く話しやすいよ。」

とにかく何でもいいから褒める!

 

それが自分にとってあまり好きでは無い要素でも褒める!褒めることが愛撫であると思うことが重要なのだ!

 

初めてエッチする相手でも同様で、脱がしている時は相手が恥ずかしいと思っている可能性が高い。

 

そんな時こそ

「綺麗だね。」

 

「肌が心地いい。」

と褒めてあげよう。

 

そして相手にコンプレックスがある場合。

 

そんな時に彼女達は・・・

(胸が小さいんだよね。。恥ずかしいな・・・。)

 

(足が太い。。。あんまり見られたくない・・・。)

などと思っていることが多い。

 

これこそ相手のリラックス状態を妨げる壁なので、ぶち壊してあげるのがいい。

「可愛い胸だね。。このくらいが一番興奮するんだ。」

「足、とっても綺麗だ」→「太いからあんまり見ないで・・・」→「そんなこと無い。オレはこのくらいが一番好き。」

 

こんな感じが効果的と言えるだろう。

 

また褒め過ぎは興ざめするので、回数には気をつけていきたい。

 

その為、もし事前にコンプレックスかもしれないと見当がつくようであれば、その前までに褒め過ぎないようにしておいて、コンプレックスの部位をしっかり褒めてあげよう。

 


PAGE TOP